27日マスターズ男子最終日フォトギャラリー

最終日のマスターズ男子のフォトギャラリーをご覧下さい。 続きを読む

カテゴリー: フォトギャラリー |

27日マスターズ女子決勝フォトギャラリー

最終日のマスターズ女子決勝の模様をお伝えします。 続きを読む

カテゴリー: フォトギャラリー |

26日マスターズ男子フォトギャラリー

大会4日目に凄烈な男子マスターズ戦が開始されました。 続きを読む

カテゴリー: フォトギャラリー |

26日マスターズ女子フォトギャラリー

大会4日目から熱いマスターズ戦が開始されました。 続きを読む

カテゴリー: フォトギャラリー |

保護中: スタッフ集合写真ダウンロードページ

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:


カテゴリー: フォトギャラリー |

今大会のマスコミ露出

今大会もマスコミ各社のご協力を戴き、各マスコミ分野で紹介されました。

NHK・BS1 12月11日放映予定 スポーツドミンゴ! 詳しくはこちら

朝日新聞 11月28日朝刊 結果掲載

tvkニュース 11月27日夜

神奈川新聞 (ネット上でご覧頂けます)

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1111270023/

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1111280005/

カテゴリー: 実行委員会より |

NHKで3連覇の小林海咲チャンピオンが紹介されます

NHK・BS1の番組「スポーツドミンゴ!」で、3連覇となった小林海咲チャンピオンが紹介されます。またオンエア当日、スタジオで海咲選手が生出演してスピードスケート金メダリストで現在スポーツジャーナリストとしてご活躍の清水宏保さんからインタビューを受けます。是非ご覧下さい。

オンエア 12月11日(日)23時〜

—————-NHKによる番組紹介—————-

第40回全日本スカッシュ選手権大会

 イギリス発祥のスポーツスカッシュ。四方を壁で囲まれたコートで行うテニスのような競技は2020年のオリンピック新競技候補ともなっている。狭いスペースで行うため軽やかなスポーツのように思われるが、使用されるゴムボールは他の球技のボールのようには弾まず、そのボールが瞬く間に行き来するスカッシュはテニスの倍とも言われる運動量が必要とされる過酷な競技。

●小林海咲選手 (21歳) 全日本選手権3連覇を果たす

 2年前の全日本選手権で史上最年少優勝を果たした小林海咲選手。今年は1ゲームも落とさない完全優勝、見事3連覇を達成した。圧倒的なスピードでボールを拾い、そして後に目があるかのごとく選手の一番遠い場所へボールを打つ。

その「強さの秘密とスカッシュの魅力」に小林選手をスタジオに迎え、元スピードスケート金メダリスト清水宏保さんが迫る。

 

 

カテゴリー: 実行委員会より |

会場落とし物

写真の品が落とし物として届けられています。
お心当たりの方は、協会事務局までご連絡下さい。
12月5日まで保存いたします。

カテゴリー: 実行委員会より |

第40回全日本選手権*結果一覧

 
第40回全日本選手権大会結果一覧を掲載いたします。

男子結果
女子結果


選手権男子    (  90名  )
優勝 机 伸之介 SQ-CUBE PRO
準優勝 小林 僚生 Sunset Breeze
3位 福井 裕太 Sunset Breeze
3位 伊藤 明 ルネサンス天王町
ベスト8 清水 孝典 SQ-CUBE PRO
ベスト8 土屋 雄二 SQマネジメント
ベスト8 丹埜 倫 Sunset Breeze
ベスト8 白井 宏明 スカッシュマジック
ベスト16 岡田 賢 エルスポーツ京都
ベスト16 佐野 公彦 OEC
ベスト16 岩井 祐二 スカッシュマジック
ベスト16 河原 健一 セントラル用賀
ベスト16 松本 淳 六丸水産
ベスト16 坪郷 雅史 SQ-CUBE PRO
ベスト16 清田 孝之 オンリーワン
ベスト16 前川 拓也 コナミ西宮
男子マスターズOVER35 (  8名  )
優勝 清田 孝之 オンリーワン
準優勝 松岡 秀明 コナミ西宮
男子マスターズOVER45 (  7名  )
優勝 石塚 浩士 OEC
準優勝 信安 陽実 RONDO
男子マスターズOVER50 (  5名  )
優勝 浅野 雅 フォーラス
準優勝 浅井 俊哉 OEC
男子マスターズOVER55 (  19名  )
優勝 坂本 聖二 OEC
準優勝 長久保 勝彦 SQ-CUBE
3位 森川 文夫 東武かしわ
3位 下野 和昭 エスポ

選手権女子   (  79名  )
優勝 小林 海咲 Sunset Breeze
準優勝 松井 千夏 J-ROCK
3位 鬼澤 こずえ スカッシュマジック
3位 前川 美和 メガロス武蔵小金井
ベスト8 山崎 真結 SQ-CUBE Academy
ベスト8 道下 和子 iBEXスポーツ
ベスト8 杉本 梨沙 近江高校
ベスト8 青木 沙弥佳 iBEXスポーツ
ベスト16 上野 光代 セントラルスポーツ
ベスト16 横田 真由美 iBEXスポーツ
ベスト16 浅野 裕子 コナミ西宮
ベスト16 野口 祐可 オンリーワン
ベスト16 平尾 芳美 T.UNITED
ベスト16 高橋 美知子 SQ-CUBEさいたま
ベスト16 戸田 好子 コナミ恵比寿
ベスト16 月岡 葉 セントラル八千代台
女子マスターズOVER35   (  11名  )
優勝 横田 真由美 iBEXスポーツ
準優勝 道下 和子 iBEXスポーツ
3位 浅野 裕子 コナミ西宮
3位 山田 東葉美 メガロス町田
女子マスターズOVER45   (  6名   )
優勝 神谷 典子 AVID
準優勝 干場 美佳子 T.UNITED
女子マスターズOVER50   (  4名  )
優勝 大森 真由美 キッツせんだい
女子マスターズOVER55   (  9名  )
優勝 越渕 陽子 Fujiyama
準優勝 新垣 眞知子 コナミ都賀
3位 大谷 智子 セントラル青砥
3位 鈴木 恵子 セントラル盛岡
カテゴリー: ドローと結果 |

潮木仁の目(最終日)

男子準決勝
福井vs机
過去三回の決勝の組み合わせが、今年は準決勝となってしまった。1ゲーム目から福井のミスが目立ち、あわや3−0で敗退かと思われたが、3ゲーム目は福井の持ち味であるディフェンスが生きゲームを取るも、4ゲーム目に入ると1ゲーム目と同様にティンを叩くミスを繰り返し、あっという間に机のマッチボールとなった。福井がこのゲームを跳ね返す力は残っていなかった。

伊藤vs小林
ここまで1ゲームも落としていない伊藤が、初めてタイブレークで最初のゲームを落とす。だが、2ゲーム目は伊藤が小林のミスも有って取った。3ゲーム目、8−2と小林がリードした時点で、次のゲームのためにこのゲームを捨てて様子を見るかと思ったが、伊藤は追い上げていった。9−11でこのゲームを落とすと、4ゲーム目はすでに伊藤の体力が切れており、反撃する力は残っていなかった。小林は17歳で史上最年少ファイナリストの記録を作った。

女子準決勝
小林vs前川は、小林のスピードに、前川も善戦すれども付いてゆけず、小林の圧勝となった。松井vs鬼澤は、松井が1ゲーム目に手こずるも、2・3ゲーム目は鬼沢を封じて難無く決勝進出を決めた。

女子決勝
1ゲーム目序盤に松井が追い上げるも小林が制した。2・3ゲーム目も前半こそ善戦するが、小林のボーストに前後に走らされ、小林の3連覇となった。女子に関しては、小林のスピードに付いてゆける様な選手の出現が待たれる。

来年は杉本・山崎の若手、さらに一世代下の渡邉・坂井の中学生コンビがどれだけ成長するかが楽しみである。

男子決勝
序盤、小林のナイスショットに加えて机のミスも目立ち、小林がゲームボールを握った。しかしそこから机がねばってタイブレークに持ち込み、13−11で机がゲームを先取した。大事なオープニングゲームを落とした小林は徐々に集中力を無くし、2ゲーム目・3ゲーム目とあっさり落とし、机は三度目の正直が叶って、悲願の初優勝となった。

小林の決勝進出により、遠藤・海道・郡司・机龍之介などの若手が刺激を受けたと思われ、来年の全日本が非常に楽しみだ。

ベストマッチは男子準決勝を両方としたいところだが、強いて言うならば、42歳でランキング無し、関東選手権で出場権を得て一回戦から勝ち上がった伊藤と、17歳で本戦から出場の小林の戦いを選ぼう。

カテゴリー: 潮木仁の目 |